親権について

  • どうしても親権を獲得したい
  • 離婚後も子どもと一緒に暮らしたい
  • 相手が親権を譲らないので困っている

離婚の際、夫婦のどちらを親権者にするかで揉めてしまう例が多数あります。

以下では親権の内容や決め方、トラブルになった場合の対処方法について解説していきます。

 

1.親権はどのような権利?

親権とは子どもと一緒に住んで監護を行い、子どもの財産を管理する権利です。

婚姻中は父母の両方に親権が認められますが、離婚後はどちらか一方にしか認められません。そこで離婚する際には必ずどちらを親権者にするか、決めなければなりません。

 

2.親権者の決め方

親権者を決めるときには、基本的に夫婦が話し合って決定します。

話し合いでは決まらない場合、離婚調停を申し立てて話し合いを継続します。

それでもまとまらなければ、離婚訴訟を提起して、裁判官に親権者を指定してもらう必要があります。

裁判所が親権者を決めるときには、以下のような基準で判断します。

  • これまでの養育実績
  • 子どもの現状
  • 子どもと親との関係
  • 離婚後、子どもと一緒に過ごせる時間が長いかどうか
  • 今後の養育方針
  • 子どもの年齢が高ければ子どもの意思が尊重される
  • 子どもの年齢が低ければ母親が優先される

 

3.親権を獲得したいなら弁護士までご相談下さい

親権争いが発生すると、相手によって子どもを連れ去られる危険があります。また当初から適切に対処しておかないと、親権獲得が非常に困難となってしまう可能性も高まります。

相手が親権を主張しており、自分としても親権を譲れないのであれば、なるべくお早めに弁護士までご相談下さい。ケースに応じた適切なアドバイスを行います。また弁護士が就任していたら、相手としても連れ去りなどの違法行為をしにくくなるものです。

離婚後の親権者は、子どもの一生にも関わります。迷われているならば、勇気を出して一度ご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0432396360電話番号リンク 問い合わせバナー