過失割合に不満がある方

  • 保険会社から過失割合の提示を受けたけれど納得できない
  • 過失割合を訂正してもらう方法はないのか?

交通事故に遭い、保険会社から過失割合の提示を受けたとき、納得できないと感じる被害者の方は多数おられます。

そんなときには、弁護士までご相談下さい。

以下で、過失割合に不満がある場合の対処方法をご説明します。

 

1.交通事故の過失割合の考え方

交通事故の過失割合には、法的な基準があります。

自動車同士の事故、自動車とバイクの事故、自動車と歩行者の事故などの当事者別に、信号機のある交差点の事故、直進車同士の事故、右折車と直進車の事故、追い越し際の事故など、さまざまな類型ごとの基準の過失割合が決められています。

また、当事者のどちらかが飲酒していたり無免許運転であったりなど重過失や著しい過失がある場合などには、過失割合が加算されるなど修正されます。

交通事故では、こういった法的な過失割合の基準をあてはめて算定するのが正しい方法です。

 

2.過失割合に納得できない場合に争う方法

保険会社は必ずしも過失割合を正しく算定しているとは限りません。保険会社側に有利に算定することが多く、被害者側が不利になっている例が多々あります。そういったケースでは、以下のように対応しましょう。

 

2-1.相手に正しい過失割合を伝えて訂正を促す

まずは適切な過失割合を調べて相手に伝え、訂正を促します。正しい過失割合については、専門書で調べたり弁護士に聞いたりすれば確認できます。

 

2-2.調停やADRを利用する

保険会社が訂正に応じない場合には、裁判所で調停を申し立てたり交通事故紛争処理センターなどのADRを利用したりしましょう。こうした機関に仲介してもらうことで、お互いに納得できる過失割合を決められるケースもあります。

 

2-3.訴訟を起こす

どうしても相手と合意できない場合には、訴訟によって解決する必要があります。

訴訟になると、裁判官が交通事故の状況に鑑みて、法的な考え方をあてはめて過失割合を算定します。

ただし訴訟で自分の言い分を認めてもらうには、法的に適切な主張と証拠資料を使った充分な立証が必要です。被害者お一人で対応するのは困難ですので、弁護士に依頼する必要があるでしょう。

 

3.弁護士に示談交渉を依頼すると過失割合が変わるケースが多い

弁護士に示談交渉を依頼すると、弁護士が事故状況に応じた正しい過失割合を算定して保険会社に提示します。相手が虚偽を述べている場合には実況見分調書を入手して分析したりドライブレコーダーの画像を確認したりして、正確な事故状況を明らかにできます。

修正要素が適用されていない場合には、きちんと適用するよう要求します。

こういった対応により、保険会社が過失割合を訂正して適正な数字となり、結果的に賠償金が増額される例も少なくありません。

保険会社から提示された過失割合に納得できない方は、お一人で悩まずにお早めにご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0432396360電話番号リンク 問い合わせバナー