労働問題でお困りの方へ

  • 会社で残業代が払われていない
  • 突然解雇されて困っている
  • リストラに遭ったが、無効ではないか?と思う
  • 有給を取得させてもらえない
  • 労働組合に入っていたら不利益な取扱いを受けた
  • セクハラやパワハラに遭っている

労働関係でトラブルを抱えておられるなら、弁護士がお力になります。一人で悩まずに、お早めにご相談下さい。

 

1.正確な法的アドバイスで的確な対処方法がわかる

労働問題でお困りの方へ労働関係のトラブルを解決するには法的な専門知識が必要です。たとえば残業代の計算方法や解雇の有効性、労働基準法の正確な規定内容、労働審判の申立方法など、ケースに応じてさまざまな法律問題があるものです。ご本人だけでは正しく判断することができず、会社と交渉するにも労働審判を申し立てるにも不利になってしまうでしょう。

弁護士に相談すると、的確な法的アドバイスを受けることにより、知識で武装することが可能となります。

 

2.弁護士が交渉することで有利な結果を獲得できる

労働者がご自身で会社と交渉をされても会社側がまともに対応しないケースが多々あります。残業代を請求しても「うちでは残業代を支払っていない」「誰も請求していない、君だけに払うことはできない」などと言い訳されるケースも少なくありません。内容証明郵便を送っても無視される可能性があります。

そのようなとき、弁護士が代理で会社に連絡を入れたら、会社も態度を変えて真剣に対応するようになる可能性が高くなります。拒否されていた残業代が支払われるようになるケース、解雇の無効が確認されて会社に戻れるケース、あるいは解決金を払ってもらってトラブルを解決できるケースなどがあります。

労働審判や訴訟をしなくても解決できる可能性があるので、「弁護士に相談したら裁判になるかも」などと躊躇せずにご相談下さい。

 

3.交渉や労働審判、訴訟の代理を任せられる

労働トラブルになったとき、自分一人で会社と交渉するのは不安に感じる方も多いでしょう。まして労働審判や訴訟などの裁判手続きとなると、一人で進める自信を持てない方がほとんどです。

交渉はもちろんのこと、労働審判や訴訟の手続きも弁護士にお任せ頂けましたらスムーズかつ有利に進めることが可能です。

書類の作成や裁判所とのやり取りなども弁護士が対応するので、ご本人に手間をかけさせることはありません。

労働トラブルでは労働者と会社との間に力の差が大きく、労働者お一人で対応するのは困難です。お困りの際には、お気軽に弁護士までご相談下さい。

 

労働問題 関連ページ

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0432396360電話番号リンク 問い合わせバナー