交通事故でお困りの方へ

  • 相手の保険会社の対応が悪い
  • 後遺症が残ったが、どうしたら良いのか?
  • きちんと賠償を受けられるのか不安…
  • 慰謝料や示談金はどのくらい受け取れるものなのか?
  • 示談がこじれて、いつまでも解決しないので困っている
  • 過失割合に納得できない

交通事故に遭ってお困りであれば、お早めに弁護士までご相談ください。

 

1.適切な説明とアドバイス

交通事故でお困りの方へ交通事故に遭われた方は、いろいろな不安を抱えているものです。きちんと補償してもらえるのか、いつ頃解決するのか、相手の提示している金額や過失割合は適正なのか。

相手の保険会社の担当者とコミュニケーションをうまくとれずストレスを抱えていることもあるでしょう。

そのような場合、弁護士にご相談いただけましたらケースごとに適切なアドバイスをいたします。今後の手続きの流れ、今やるべきこと、相手の対応が適切か不適切か、対処方法として何をしたら良いのかなど、具体的に助言するのでご相談者の方は大きな安心を得られるものです。

「弁護士に相談しただけでだいぶ楽になった」とおっしゃる方も多いので、不安な思いを抱えているならまずは一度、ご相談下さい。

 

2.適正な示談金、慰謝料の算定

交通事故に遭ったとき、気になるのが「どのくらいの慰謝料や賠償金を受け取れるのか」という問題です。

相手の保険会社から提示されている示談金額が必ず適正とは限りません。自動車保険会社は独自の保険金算定基準によって算定するので、賠償金を法的な基準より大きく減額されてしまう事例も多々あります。

弁護士にご相談いただけましたら、法的に正しい算定基準によって賠償金額を計算します。

大幅に増額が見込める場合には、そのまま弁護士に示談交渉をご依頼頂くことにより、高額な慰謝料や示談金を獲得することも可能です。

 

3.示談交渉や後遺障害認定手続きの代行

交通事故では後遺症が残ってしまうケースも少なくありません。その場合、自賠責保険で後遺障害等級認定を受ける必要があります。

しかし、ご本人が手続きをしても、思うように認定を受けられないケースが多いのが現実です。また被害者が自分で示談交渉をすると、どうしても示談金額を下げられてしまいます。

交通事故事件処理に詳しい弁護士が後遺障害認定の手続きを代行すると、被害者が自分で進めるより確実に高い等級の認定を獲得しやすくなります。

また、弁護士が示談交渉に対応することにより、慰謝料を始めとした賠償金が大幅に増額され、被害者にとっては大きなメリットを得られます。

交通事故のお悩みの多くは弁護士に相談・依頼することによって解決可能です。お困りの方は、是非とも一度、ご相談下さい。

 

交通事故・死亡事故 関連ページ

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0432396360電話番号リンク 問い合わせバナー