交通事故|早期の法律相談をおすすめする理由

交通事故に遭ったなら、できるだけ早い段階で弁護士に相談することをおすすめしています。

以下ではなぜ早期の相談が大切なのか、理由をご説明していきます。

 

1.適切な行動をとることができる

交通事故後に遭ったら、当初の対処が非常に重要です。たとえばどういった病院で治療を受けるべきか、通院方法や医師に症状を伝えるときにどういった点に配慮すべきかなどの注意点があります。途中で治療費を打ち切られそうな場合にどうしたら良いか、労災を適用すべきかなど悩まれるケースもあるでしょう。保険会社とのやり取りもあります。

こういった交通事故後の各種対応について、弁護士に相談すると適切な対処方法を知ることができます。

常に適切な行動をとっていれば、後に示談交渉や訴訟となったときに有利に進められます。

 

2.今後の見通しが立って安心できる

交通事故に遭うと、今後どのような流れで手続きが進んでいくのか不安になるものです。果たしてどのくらいの賠償金を得られるものなのか、いつ頃示談が成立するのか、後遺障害についてはどう評価されるのかなど、心配される方もたくさんおられます。

弁護士に相談すると、今後の流れや賠償金の金額などについて、一定の見通しを聞くことが可能です。

今後の手続きの流れの概要を確認するとともに「今やっておくと良いこと」も把握できるので、安心して治療や日常生活に集中できるでしょう。

 

3.早急な対応が必要なケースも

交通事故に遭った場合、早急に対応が必要なケースがあります。たとえばむちうちなどのケースで、本当はけがをしているのに事故当時には気づかず物損事故として届け出ている事例があります。その場合、早期に診断書を警察に持参して人身事故への切り替えを行うべきです。遅れても賠償金を払ってもらうことはできますが、刑事的には物損事故扱いになってしまいます。

また交通事故後、病院でなく整骨院に通っている場合にも要注意です。整骨院には医師が在籍しないため、検査も治療も診断も受けられません。治療費も支払ってもらえない可能性が高くなります。もしも交通事故後、整骨院にしか行っていないなら、早急に整形外科を受診して医師の診断を受けるべきです。

弁護士に相談をすると、こういった具体的な対処方法を聞くことができるので、間違った対処をしている場合にもすぐに軌道修正できます。

当事務所では、交通事故被害者様への支援に積極的に取り組んでいます。事故に遭われて「どう対応したら良いかわからない」「不安」「保険会社を信用できない」と感じておられるなら、お早めにご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0432396360電話番号リンク 問い合わせバナー