交通事故の相手の対応に納得できない方へ

  • 相手の保険会社から連絡がない
  • 相手の保険会社の提示する賠償金が低すぎる
  • 相手の保険会社の担当者が威圧的で困っている
  • 示談交渉のストレスが強すぎる

交通事故の相手の対応に不満があり困っておられるなら、お早めに弁護士までご相談下さい。

 

1.相手と連絡を取りにくい場合の対処方法

保険会社担当者と連絡をとりにくい場合には、いくつか対処方法があります。

相手から連絡がないので悩んでいるなら、まずは一度こちらから電話をかけることをお勧めします。電話番号がわからない場合、保険会社のお問い合わせセンターなどに電話をして、担当者を確認しましょう。

相手に連絡をしてもつながらない状態が続くなら、保険会社の苦情処理センターなどに電話をして、相手の担当者名を伝えましょう。対応が改善される可能性があります。

それでも改善しない場合、弁護士に依頼したり調停・ADRを利用したりする方法があります。

 

2.相手の担当者の態度が気に入らない場合の対処方法

連絡はとれるけれど、相手保険会社の担当者の対応が気に入らない場合もあるものです。

相手が威圧的な態度で迫ってきて困っているなら、保険会社の苦情処理センターなどに電話をして担当者名を伝え、注意を促しましょう。それでも改善しないなら、そんぽADRなどに相談してみる方法があります。

また弁護士に示談交渉をお任せ頂けましたら、弁護士が代理人として相手とやり取りするのでこれ以上不快な思いをすることはなくなります。

 

3.賠償金提示額に納得できない場合の対処方法

保険会社からの賠償金提示額に納得できない場合、まずは適正な賠償金額を知る必要があります。

ご自身で本などを参照して調べる方法もありますが、素人の方には正確に賠償金額を算定するのは困難です。当事務所では、無料で賠償金の試算をさせていただいていますので、お気軽にご利用ください。

適切な賠償金額がわかったら、それを相手に伝えて増額を要求します。

相手が了承しない場合には、訴訟等も検討しましょう。

 

4.示談交渉のストレスが強い場合の対処方法

相手の担当者が威圧的に接してきたり、こちらの言い分を全く聞いてくれなかったり何の説明もなかったりして、示談交渉に大きなストレスを感じる方も少なくありません。

その場合には、弁護士に示談交渉を依頼する方法が有効です。弁護士が代理人につけば、すべてのやりとりは弁護士を通じて行うので、これ以上相手の担当者と話をする必要がなくなります。電話もかかってきません。

弁護士が味方になっているという安心感もあり、毎日を落ち着いて過ごせるようになるものです。

交通事故で相手の態度に納得できない場合、弁護士がお役に立てるケースがとても多いので、まずはお気軽にご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0432396360電話番号リンク 問い合わせバナー